テニス参加を あきらめない・・ 諦めない ための工夫   (003) 右腕を失い 左手にも障害のある青年のテニス参加
   

ラケットを握る右腕がない青年は 左手の指もない状態でした。 その出会いが 有明テニスの森公園で開催した日本ハンディキャップテニス大会会場でありました。
すべての障害内容を対象にしたこの競技大会は 当時 国内初の企画ですが 毎年各地から多くの参加があり 彼はそのひとりです。

大会に参加した彼は ウエアの下に リュックのように クロスバンドを両肩にかけた上で 腕のない右肩にラケットをゴムバンドで装着したスタイルで競技参加しました。
右肩には腕はありませんが 腕に代わるようにラケットがあり その右肩を動かすことで自在にラケットを操作し フォアもバックも巧みに打球しました。

しかし 左腕の指がない彼のサービスは トスもワンバウンドさせることも不可能でした。 そのため ボールをコート上に置き 後ろ足で挟んでジャンプすることによって 20~30cm 跳ね上がったボールをサービスしました。 指導者としての考えではなく この例は愛好者自身の工夫です。

彼の独特なサービスが生まれた背景には JHTFが多くの障害内容に対応した指導経験、企画実績から生まれた
ハンディキャップテニス競技ルール の規定があります。
海外の状況は分かりませんが 国内で開催される数百以上のテニス大会で 障害のある人達が参加できる企画は皆無に近く 偏見がスポーツ本来の内容を小さなものにしています。

  ハンディキャップテニス競技・サービス規定
第1項  運動機能障害や体力不足によって、サービス動作のトスを行うことがむずかしいと見なされるプレイヤーは、コート上にバウンドさせてサービスを行うことが認められる。  この場合、1バウンド後の打球に限り有効とし、2バウンド以上のボールを打球した場合はフォールトとする。

障害のある人達に対する偏見なのか・・ 国内は 大会も講習もNPO活動以外に 国内テニスを統括すると自認するテニス協会の取り組みが 皆無なのは寂しいところです。

スポーツは 工夫次第とテニス関係者の優しい心で より多くの人達が楽しむ機会を増やすことが出来ます。 
そうした優しさをもつ選手とそのスポンサー企業の良き理解の下で実現した特別クリニック・・ JHTFは このクリニック参加者のひとりに青年を 招待しました。


世界ランク一位のジムクーリエ選手から レッスンを受ける青年の姿
 
彼の独特なサービスフォームの画像が見つかりません
これまでに記録した画像資料は数千枚以上 見つかり次第公開します
 

現役世界ランク一位の選手が行う特別クリニック情報に数多くのマスコミから取材申込がありました。 しかし国際大会出場に来日した選手がニュース性の高いクリニックを行えば 大会人気に影響することを心配する大会の主催者が取材を 認めたのは 大会情報と重ならないスポーツ専門紙の一社のみでした。

topへ