講師 プロフィール
     

  三宅 孝夫
 略 歴


1940年生まれ  テニス経験 1975年〜
1976年 テニスサークル <ワインカップテニスクラブ> 創設
1977年 ワインカップテニストーナメント企画開催 〜1983年 まで 継続
1981年 JHTF (※初期団体名:ルプト・プラン連絡協議会) 創設   関係各事業の企画と運営統括責任を 継続


 
 職 責

  

NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JHTF) 理事長
日本サウンドテニス協会代表   日本スポンジテニス協会代表   ハンディ硬式テニス協会統括管理者
ユニバーサルテニス(S・ST/サウンドテニス)指導者資格 認定講師   ユニバーサルテニス認定 資格テスター
サンパール・クリエイティブアイデアサービス (サン・パールCIS) 代表

 
   事業責任者としての主な企画・運営内容

○ 国内初の車椅子テニスの練習・競技環境づくりの開発と研究
○ 第1回 日本車椅子テニス競技大会の企画開催(第2回大会まで企画・運営)
○ 障害ハンディ全般(車椅子テニス含む)を対象としたテニス環境づくり
○ 日本ハンディキャップテニス大会の企画開催(1988年〜1994年)

○ 国内各地の重度障害者療養施設・福祉施設訪問のテニス指導(11施設訪問)
○ ハンディキャップテニスの紹介と指導者育成の総合講習(関西・名古屋・東京の各会場)の企画実施
○ ハンディキャップテニスルールブック第1版 第2版を編集発行(3,000部) 国内各団体を主に 2,300部寄贈
○ ハンディキャップテニスルールブック英語版を編集発行(300部) 国内外の特定方面に 170部寄贈

○ 国内外初の全盲、弱視などの人達も楽しめる視覚ハンディキャップテニス競技開発
〇 視力のない全盲の人と通常視力の人がアイマスクを使用しないで対戦可能な サウンドテニス競技の設計
○ サウンドテニスボールの開発と全盲の人達にコートラインの位置が判断のできるガイドマットの開発
○ スポンジ・スーパーテニス(S・ST )の競技開発 
   硬式テニスなどの上級レベルの競技とテニス経験のない人達に適した競技方法の開発設計
〇 スポンジ・スーパーボレーのゲーム設計と福祉プログラムとリハ活用プログラムの開発
○ ハンディキャップテニス指導者講座シリーズを東京会場で実施 (計15回)

○ 福祉関係施設と被災地域の支援などにスポンジ・スーパーテニス活用の紹介
○ 阪神淡路大震災  三宅島噴火災害  新潟県中越沖地震  東日本地震津波災害などの各被災地域支援
○ 成人向きデザインと機能をもつ 軽量・コンパクトで 携帯可能な新型ネットスタンド A-005 の設計・製造
○ 被災時の防災と避難生活時の用具を兼用する 安価なネットスタンドの開発設計

○ その他 事業fiel dev20 の表示内容全般の企画・運営


  プロフィール 関係資料    新たなテニス環境開発の歩み