ユニバーサルテニスの特徴 ・・・ 

   資料コード        紹介内容    ※ 資料コードを クリックすると 各詳細ページに リンク
  

開発ポイント
SST-a1
障害のある人達や子供達、体力のある成人の各レベルの競技クラスを設けることに加え この競技レベルが異なる人達の対戦を可能にした競技設計。 子供達や体力少ない人達のテニスと硬式テニスの経験豊かな人達の競技対戦を 全力で競い合うことの出来る競技テニス
SST-a2 身体の負担少なく、多くのテニス技術を 少ない練習量でテニス技術を修得することが出来る競技にスポンジボールを使用しています。
硬式テニスに準じた内容は 既存テニス愛好者が容易に親しめると同時に 硬式テニスに並ぶ高度な競技展開でプレーが出来ます。
相手の打球による危険が少ないことで、体力や技術面で大きな差のある人達の競技交流も可能にして、従来のレベル差による競技区分の試合とは別に、対戦相手が異なっても、ゴルフに類似して、互いにそれぞれの力を尽くしたゲームを楽しめます。
用具関係
SST-b1
ラケット規定は体力や年齢に関係なく同一サイズですが、デザインとグリップサイズ、ガットで差別化を図ることが可能です。
スポンジボール用ラケットの材質についての制約はありません。 従来の幼児向きとは異なる製品開発が期待されます。
SST-b2 S・ST は高品質のスポンジボールを選定して競技使用を図っており、硬式テニスと同じ強打や強い回転の連続にも耐えるボールが従来のスポンジボール使用のテニスゲームのイメージと異なる競技を生み出します。 
S・ST の競技ネットスタンドは材質により、小型軽量、携帯も可能な機種を設計することができます。
この小型軽量という機能がSST の大きな普及に結びつきます。 用具の様々な環境で活用する工夫、開発が進んでいます。
施設・設備
SST-c1
S・ST コートは 硬式テニスコートの約 1/3 のスペースです (※硬式テニスコート 23,77mx10,97m /S・ST 13,40mx6,10m) 
S・ST は、敷地や室内スペースを効率良く活かして 施設の新設や改造などを軽費用で設計施工が出来ます。
SST-c2 S・ST 競技は硬式テニスと異なり、ネットスタンドは小型で移動可能な機能を備えている機種が大半です。 このため競技環境を様々な場所に随時、展開することが可能です。 競技コートを特設するラインテープも 貼付と撤収が自在な 低価格の用品が開発されています。
従来のスポーツ施設以外でも楽しめるS・ST は 病院のロビーを外来のない時間帯や休日に活用する方法、ディサービスなどの福祉施設やホテルなどの宴会場や客室を活用する方法、会社の会議室などの活用方法など・・多くの人達を元気づけ、楽しませることが出来ます。
社会活用性
SST-d1
スーパーボレーは様々にアレンジして楽しむことを可能とし、オフィスや学校や宿泊施設でのリフレッシュにも役立ちます。
介護やリハビリに・・都心のオフィススポーツに・・学校環境やストレスが堆積し易い業務環境などに・・誰でも親しみ易く、数分間のゲーム時間を効果的に活用することが出来ます。 多くの人達の生活周辺に無理なく展開し、その社会活用は新しいスポーツ文化を生み出します。