厳しい社会経済を少しでも改善するための取り組み
テニスをキーワードに・・


近年の社会経済の不況は多くの人達の生活に影響を与え、テニス界としても今後益々厳しくなる経済環境を心配しなくてはなりません。
テニスを愛好する人達の不安材料のひとつは 国内各地のテニスコートの減少 (※公営コートは増加)であり テニスクラブやテニススクールの減少です。
こうした状況に伴って 各テニス環境で活動するテニスコーチや関係スタッフの数も少なくなって参りました。

愛好者数の減少理由として テニスを楽しむために必要な費用を 家計や収入の中から支出することが困難になったこと、テニス競技を同等に近いレベルで競い合うことの出来るテニス仲間が身近では少なくなった人達の増加です。 
経済的、転居や転勤によって テニスの面白さを十分に楽しむことのできる機会を失った人達が数多く、この傾向は今後も悪化することが懸念されます。

こうした問題点の改善方法のひとつに 新たなテニス競技の内容を硬式テニスと合わせての普及が推奨されます。 

スポンジボールを使用するテニスは、子供向けのテニスとして、またジュニアクラスなどの基礎トレーニングの一部プログラムとして活用されています。
ご案内のテニスは 硬式テニスに準じながら その魅力を超えるスケールの開発が進められたテニス競技です。 
将来 このスポンジスーパーテニスの内容を楽しむ人達は 硬式テニスの数倍に及び、新しいテニス環境づくりの規模拡大が期待されるところです。

現在のテニス界の状況とその周辺環境から次のふたつの点に解決策が生まれるとテニスの振興に役立つものと思います。

テニスコートが減少している点の解決には新しいテニスクラブの誕生が期待されますが、低迷しています現況を考えると大変厳しく、この点を硬式テニスコートよりも小さなスペース(※約1/3サイズ)で競技することのできるスポンジ・スーパーテニスは従来のテニスコートづくりの基準にとらわれずに設計、設置が可能です。 

新たな用地や施設の中にスポンジ・スーパーテニスコートを設計した新事業を立ち上げる
方法、既設の硬式テニスコート上にスポンジ・スーパーテニスの練習、ゲームを行う時間帯のみ特設する方法によって愛好者やスクール生を増やすことに良き効果を生み出します。 
テニス人口の増加はテニス界活性の必須条件です。

硬式テニスコート (一般コート)   23,77m x 10,97m  ※競技スペースとしての広さ  (最小) 34,77m x 17,07m
スポンジ・スーパーテニスコート   13,40m x 6,10m   ※競技スペースとしての広さ  (最小) 21,00m x 10,00m

もうひとつ、テニス界の活性に必要なポイントはテニスの専門知識と優れた指導技術をもつテニス指導者の存在です。 現在、社会経済の低迷によってやむなくテニス関係の職域を離れたテニスコーチが数多くおります。 その中にはテニス界の発展に熱意を傾けてきた人達も多く、好んで他の職業に転職された人達を別として学生時代からテニスの世界に飛び込んだ人達が再びテニスの職場に戻ってほしいですね。

新たなテニス関係の職場を見つけたり、自らテニス事業者としての道を選ぶことで再びテニス指導者としても活躍できる方法をつくり、そうした動きをサポートすることはテニスをメジャースポーツとして育む上でも大きな効果が期待されます。 
指導経験のある人達がテニス事業の中で大きな力を発揮する環境づくりはテニス施設を増やしていくことと合わせてテニス界の活性に重要な点となります。

スーパーテニスは、企業内やホテル等施設の環境を含め、不況で使用されなくなった倉庫等の活用も可能です。 その上で、新しいビジネスモデルや福祉環境として活かすことの出来たテニス企画は、景気回復と共に倉庫などが本来の建築設計に沿った需要が再び生まれたとき、その場所から別のテニス事業施設や福祉環境に大きな費用負担もなく別の場所に移設できる特徴もあります。 

720度の発想転換を進めると・・ いろいろな可能性が発見できます。 スポーツの振興も地域の活性化も良きビジネス展開と社会貢献活動の両輪が大きく道を拓いていく時代を認識して取り組みを進めてください。 JHTFは開発資料の紹介と実務のノウハウなどについて可能な範囲で協力を進めて参ります。
スポーツは優れた産業のひとつです。 多くの人々の心と身体の健康維持に役立ち、いろいろな人達との良きコミュニケーションとして、また、他の人達と競い合う面白さと競技として勝利する爽快感やゆめを育むこともできます。 こうした産業の中で現在活躍中の方々に加え、テニスの企画指導に経験ある方々はスポーツ産業を更に発展させる人材として 誇り 自信 を もって テニス界の中で活動の業務に再び関わってください。

topへ